ピアノ演奏者が知っておきたいお得なこと・1

『自分自身に存在する「バランス調整機能」を信頼する』

こんにちは。
「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

ピアノは上半身、または腕に注意を払って演奏される楽器と考えられがちですが、他の楽器同様に全身のバランス調整しながら弾くことが大切です。 ピアノの椅子に座る前から意識していくことで、演奏の可能性を引き上げることが出来ます。

今回はそのバランス調整機能に注目です。

~バランス調整機能って?~

人間(脊椎動物)は
視覚 ●三半規管(内耳の前庭器官) の情報と●皮膚●筋肉●腱 ●関節等の 各感覚器官からの刺激を受けてバランスを保っています。

ここでは、数ある筋肉の中の後頭下筋群(下図参照)に注目をしていきます。後頭下筋群は後頭部から首の骨上から1番目と2番目の骨にかけてつながっている深層の4つの筋肉の総称です。
日常生活で常に微調整を行っていて、頭と首を繊細に保つ働きをしているとても重要な部分にあたります。

~後頭下筋群をもう少し詳しく!~

私が取り入れているアレクサンダーテクニークは自分のやりたいこと「望み(理想の演奏)」のために、不必要な習慣をやめていくという技術ですが、
「頭が繊細に自由に動けると、身体全身もついてくる」
という大前提があります。

「頭が繊細に動けるように」というのは、 主に後頭下筋群が繊細に動けるようにすることです。

歩き始めたばかりの小さな子供の歩行は、これが自然と出来ていて、不必要な力みは全く見られません
残念ながら年齢とともに不要な固めを作り始めてしまう方がほとんどです。(メンタル的な条件も加わって、この癖が習慣化します)

~じつは 人間にも自動センサーがある!~

筋肉には収縮状態を伝えて、脊髄反射を介して姿勢・運動の調整を行うセンサーのような機能があります。
「筋紡錘(きんぼうすい)」と呼ばれるものですが、
後頭下筋群には それが多く含まれているのです。居眠りをしていて頭が前にカックンと垂れても反射的に元に戻すことが出来るのもこの筋紡錘が働いているからです。 
   
緊張する舞台やここぞという時に頭と肩の距離をギュッと縮めてしまう動作をしがちですが、頭を下へ押し下げてこの筋肉群が動けなくなってしまうと
繊細な動きを作り上げる筋紡錘の機能をストップさせてしまう為、
演奏や様々な動きをスムーズに行う事が難しくなってしまう
のです。

ようするに
後頭下筋群が繊細に動けるようになっていれば、 演奏に適した姿勢や動きをするための指令がスムーズに脳に届くのです。 その結果、やりたいこと「演奏」「望み」が障害なく行えるという訳です。

このバランス調整機能を知ったうえで、演奏を習得していくことが「理想とする演奏」への近道と言えます。

~子供(生徒)でもわかように伝えるには?~

小さな生徒さんには
「頭と首を繊細に動けるように・・・」
のフレーズがピンとこない子が多いため
「頭を風船のようにふわふわと自由にさせて、それに体がついていくように」
と、年齢に適したアレンジでお伝えするのもよい方法です。

「演奏する前に知っておきたいお得なこと」バランス調整機能編 のまとめ」

・頭を脊椎(背骨)の上にフンワリ乗せていれば、 演奏に最適な姿勢や演奏をするための動きの指令がスムーズに脳に届く。

  • ➪やりたい「演奏」が可能になる、信頼できる環境を整えましょう!

はじめまして

こんにちは。
「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。


ピアノ奏者や演奏指導にかかわる方々に

アレクサンダーテクニークを取り入れた思考とボディーマッピングで

演奏の可能性を広げるお手伝いをしています。

「何故、いつも同じところを痛めてしまうのだろう」

「歳だからこれ以上の演奏の上達は難しい・・・」

「ステージや本番が怖くてたまらない」

「自分が教わってきた演奏方法に自信が持てない」

「生徒にもっと伝えられるスキルが欲しい」

そんな多くの声にお応えしたい気持ちから

新しくHPを開設致しました。

どうぞ宜しくお願い致します。