◍アレクサンダーテクニーク教師(ATI)資格取得のため実習の生徒さんを再募集します!

2015年より音楽家のためのアレクサンダーテクニークの教師資格取得コースにて学び、現在2つのコーチ資格を取得しました。さらなるステップとしてATI(Alexander Technique International)教師資格取得を目指し研鑽に努めています。

その資格取得の課題の一つとして、実習を予定しています。音楽家のためのアレクサンダーテクニークのレッスンに関心があり、プライベートレッスンを受講してみたい方を募集しています。※コロナの状況を踏まえ、現在の開催地は浜松のみでご了承ください。(24時間換気システムを取り入れたスタジオです)

【 実習レッスンを受けたピアニストMさんの感想 】

4月初旬から8月初旬の間、全講座を受講させていただきました。 講座は、私自身の悩みや疑問からアレクサンダーテクニーク(以下はAT)にテーマをつなぎ、学びを得るという形でしたが、私がテーマを出せなかった時には、山本さんが私の言葉から、具現化して学びにつなげてくださったので、自分では思いもよらないところから、深いATの考察ができました。 ピアノ演奏において、普段は、あまり意識したことのない身体の使い方や、精神面でのAT的な思考(演奏時のみならず、生い立ちによる考え方のクセ)にも触れることができ、自分を肯定することができたような?気がします。(ATなんですが、よく当たる占いで鑑定してもらった後の、すっきりした感覚に似ています。) 毎回、時間もあっという間にすぎてしまうほど、楽しく充実していましたし、ためになる資料も用意していただき、結果として、系統立てたATの学びができました。このことを軸にして、今後も、自分なりの、ATの勉強を進めていけたらと思います。ありがとうございました。

  • 音楽にアレクサンダーテクニークを活かしてみたい方(プロに限らず愛好家の方も含みます。)「アレクサンダーテクニークを使って演奏にさらに磨きをかけたい」「演奏の不安を取り除きたい」という願いのある方)
  • アレクサンダーテクニークのレッスンを継続的に受けたことがない方

〈条件〉

  • 2~3ヵ月の間に10レッスン(1レッスン・30分)を受けて頂ける方(連続レッスンもご相談に応じます)。
  • 10レッスン終了後に簡単な感想文をご提出頂ける方。
  • 浜松スタジオ(曜日時間は応相談)でご受講可能な方。

〈レッスン・諸経費〉

個人レッスン/30分×10回/¥25.000(現在の通常レッスン料金のおよそ半額となります。ご協力企画となっておりますので大変お得なレッスン価格です)

条件が可能な方で5名➡残り1名様(現在)にお願いしたいと思っていますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラに⇩

素足でペダルを踏むのはありか?

私は動画やブログで練習段階から靴を履くことをお薦めはしています・・・が、本来は素足好きです。ストッキングやソックスの締め付けが気なるので真冬以外は素足で過ごします。20代まではダンパーペダルも素足で踏んでいましたから、実家のペダルはかなり劣化していい味が出ています。(それもあって現在はスリッパ)。

ところで、もともとピアノはヨーロッパ生まれの楽器ですので、練習段階から靴を履いて弾くのが日常。日本人は室内では素足(もしくはスリッパ)文化です。練習は素足でも➡本番は靴になるので本番前の練習には工夫が必要になってきます。

ピアノのペダル操作を素足でやると、「脚が疲れること」「ペダルが劣化しやすい」というデメリットもありますが、直に感覚が伝わるということは調整をしやすいというメリットもあります。

私の結論ですが・・・本番で裸足で弾くという行為は選択肢としてはありだと思いますが、事前にホールの理解を得なければならないことと、聴衆に演奏以外の要素で刺激を与えてしまう場合があるという覚悟が必要です。(そのうえで素足で弾く選択をしたのであれば、疲れずに弾くコツを習得しましょう)

ペダルを快適に踏む動画も併せてどうぞ。⇩

・・・こぼれ話・・・

素足で弾く!という現代のピアニストで思い浮かぶのはアリス=紗良・オットさんです。なんでも高いヒール着用で本番を迎えたところ、脚がピアノの下に入りきらなくなってしまい、本番でヒールを脱いで弾いたことがきっかけだそうです。