ピアノを弾く「身体」と「思考」の使い方レッスン 

第二回目の3/8(日)ワークショップは若干のお席がご用意出来そうです。

第二回目は1回目の身体の使い方の復習も含みますが「演奏の本番」に対処した内容になります。ステージ上での自分の身体と思考に何がおきているのかをまずは正確に把握することから始めます。

アマチュア演奏家も、

プロの演奏家も

そして指導者も、

ステージで思い通りに弾きたい気持ちは同じです。



演奏中の思考はパフォーマンスに大きな影響を与える

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です

先日、某テレビ局の「てっ○ん・・」という番組のワンコーナーであるピアノ対決を視聴。以前からその番組の存在は知っていましたが、同じ演奏する立場として様々な感情が沸き上がってくるため、視聴する事はありませんでしたが、今回は思考が身体に与える影響について興味が沸き、観察することに。

芸能人であるピアニスト数名(大多数が音大卒)が二つの課題演奏の合計点て頂上を決めるというこのコーナー、

1stステージの課題は三曲弾いてノーミスであれば300点、ミスが有ればその分減点で競いあう(5つ以上のミスで演奏終了)というもの。加点は一切無し

2ndステージ表現力・正確性・リズム・難易度・音色の5つを審査項目とし、25名の審査員が挑戦者の演奏を採点していくもの。

両方のステージ演奏では必ず楽譜が置いてある。

加点なし・減点法での採点

私が注目したのは1stステージ。

聴衆を音楽の世界に誘うのに雑音(ミスタッチ)が無いに越したことはないし、ミスタッチによる減点は、分かりやすく公平性はあるように思えます。ただ、長年音楽をやってきたものとしては、「ミスタッチ減点法」の減点オンリー審査は正直言って表現をしたい音楽家にとっては驚きの採点方法であるし複雑な気持ちであります(個人的感想です)。

音楽を表現するということについては今回のお題ではないので・・・「ミスタッチをしてはいけない演奏」というケースの本番中の演奏者の思考が身体に与える影響を考えてみます。パネルモニターにミスのマークが点滅し、演奏者はとにかく別の音に引っかからないように注意して演奏しなければならない。(もしかしたら和音の1音が抜けた場合はミスにはなっていないかかもしれませんが)

「ミスしないように」の呪縛にとらわれた演奏者の様子(観察)

番組中の演奏者のほとんどはこの審査中、ポロポロとミスをする。(隣で観ていた素人の夫はほぼ分からない程度のミスも多い)。肩は上がり首が本来の長さより短く見える。また手の甲には腱がクッキリと浮きあがり続けたままで、力を抜く間も与えていない。プレッシャーを想定し準備をしてきたとは思いますが、なかなか想定内にはいってない様子。

何がミスを引き起こしているのか?

  • おそらく1stステージはノーミス演奏ということだけを念頭にこの課題に取り組んできた方がほとんど。
  • アドレナリン過剰状態
  • 練習の際にはパーフェクト演奏を可能にしたに違いないとは思われますが、練習環境と異なる環境下での演奏で筋肉が通常と異なる張りになることで、通常の想定していたコントロールでは対応できなくなることを想定して準備した方が少ないように見えた。
  • 暗譜をして練習していたであろう演奏者も楽譜が設置されることによって、時折楽譜に目をやらずにはいられなくなっていた練習時と異なる状況でコントロールが微細に狂う
  • さらに恐怖と緊張で頭と脊椎が固まっている為、四肢が動きづらくなっている。
  • ミスをしてはいけないという1stステージの否定系の指示を自分自身にし続けていることが最大の原因〜してはダメという否定形を判断できない脳が混乱し、ミスを引き起こしている。

改善点は?

  • まずは準備。可能な限り同じような体験が出来るようなプレッシャー体験を数多くする。私ならば・・人数もそれなりに用意し、ミスも聴衆に数えてもらうようなリハーサルを数回行う。
  • その際、お題の「ミスをしたら減点」を念頭に演奏した場合と、「正確な音を弾く」ということに照準を当てて演奏した場合の違いを自分自身で分析し、弾きやすいほうを採用する。

脳のクセを理解

演奏中に関わらず、脳は否定形の指示を理解できないことを自覚しましょう。

おおよそ演奏者は

  • 間違えないように
  • 止まらないように

‥という否定文を作成して演奏することが多いと思いますが、脳は肯定文のイメージしか画像に置き換えられません。間違えないようにの「間違える」という画像を頭にくっきりと描いてしまいます

脳のクセに対応する

では何をイメージすればよいのか?

「ミスをしないように」を➡「正確な音を弾く」「その音の鍵盤を正確におさえる(弾く)」などと、否定文➡肯定文の書き換えを行うことをおススメします。

本番の演奏はかなりの練習を行っているため、指も自動演奏化できる状態になっています。その分、頭の中にスペースが空き、余計なことを考えがちです。この余分に出来たスペースに否定的な思考を加えるのではなく、是非、音楽に関する肯定的な思考を加えて下さい。

演奏中の思考はパフォーマンスに影響します。良い方向に繋がるような習慣を手に入れまることをおススメします。

まだまだ身体を知るとお得なことがいっぱい!演奏をさらに磨きたい方はこちらのワークショップでお会いしましょう!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image.png です

ピアノ演奏者のためのワークショップではこんなことを探求しレッスンをしています。興味のある方はお問い合わせください⇩

ピアノを弾く「身体」と「思考」の使い方レッスン を開催します。

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

今までのワークショップは1回3時間で少人数開催でした。

ただ、レッスン時間が毎回駆け足で終了する感が否めない(私のまとめ方が問題なのかも・・という説もある)。

ということで・・・

今回は2回シリーズで開催することに致しました!

お題を絞ることも狙いですが、1回目でインプットしたものをご自宅に持ち帰って実験➡家での実験により出てきた疑問、さらに知りたくなった事などを2回目でご質問頂ければワークショップもより効果的になります。

勿論、1回のみのご参加も可能です。

本番でいつも通り!を望む、  大人のピアニストさんのためのレッスン 「緊張の正体を知って、演奏力を伸ばす」

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

長年、あたためていた「ステージの緊張」をメインにしたワークショップが      昨日無事終了いたしました。

前半は緊張状態における身体と思考の分析、後半はレッスンと3時間強の時間でしたが緊張の講座用に用意した資料ファイルも含め、参加者の方は真摯に質問や疑問を投げかけてくださり充実した講座となりました。

開催にあたり、ご協力頂きました楽器店や先生方には本当に感謝です。

「緊張の正体」の講座は定期的に他県でも開催希望のお声を頂いております。WSをご希望の方はお問合せください。

また来年早々に「ピアニストの身体と思考の使い方(仮)を2回シリーズで開催予定です。(詳細はもう少しお待ちください。)

11/4(祝)開催のワークショップ、残席1名となりました!

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

「緊張の正体を知って、演奏力を伸ばす!」のワークショップが来週開催されます。

「思い(想い)」「望み」はもちろん異なるとは思いますが、本番の疑問やお悩みを持った方がWSにお集まり頂いています。

ワークショップでは「なぜいつも通りに演奏できないのか?」という事を知ることから始めます。

また、緊張の正体はそれぞれのシチュエーション・考え方や体質でも異なりますので、後半では曲の一部を実際に演奏をして頂き、ひも解いていきます(もちろん、強制ではありません)。

本番における今までの習慣と緊張の正体を知り、演奏を楽しむためのツールをお持ち帰りください。

テーマは「緊張」ですが、和やかなワークショップになりそうです。

ご興味のある方は

ほんのちょっぴりの勇気でコチラに⇩お申し込みを!

ショートコード

大人のピアニストさんの為のワークショップを開催します。

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

以前からあたためていた「ステージでの緊張」をテーマに絞ったワークショップを開催します。

今回は大人のアマチュア・ピアニストさんを対象としています。告知はwebのみの予定でしたが、協賛を名乗り出てくれた楽器店さんが「顧客の方々に宣伝したい」ということで、チラシを製作してくださいました。

日頃の私を見ていて下さっている担当の方の迅速なご厚意に感激。心強いサポータが存在している事の安心感を実感するとともに心からの感謝です。そんなチラシを見て頂きたくて早速公開です。(製作者ご本人には了承を得ています)

内容はまた少しづつアップしていきます!

お申し込みはこちらから↓

第一回・親子企画終了

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

昨日、夏休みおやこ企画・

「ピアノとわたしのカラダマッピング」が終了しました。

小1~中2までのお子様、そして保護者様と年齢層が幅広い為、お伝えする言語の選択に戸惑う事もありましたが、言葉が足りない部分(とくに難しい言語)は用意した資料で補足しました。

低学年のお子様は身体は勿論、精神面でも個人差があるもの。今回、1年生でのお子様にご参加頂いていましたので慎重に数種のプランを準備しました。

大人のワークショップは通常3時間の設定ですが今回は親子企画なので低年齢層に合わせた2時間半でした。ただ、昨日は想定外のアクシデントも起こらず、自ら考える習慣が身についている生徒さんでしたので、ワークの時間を楽しく過ごさせて頂きました。

秋には大人の為の企画を始めようと画策中・・。

いつもアドバイス頂いている楽器店さんが協賛のワークショップになる予定です。

WSの参加者特典資料がおもしろい

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

2日後のws!

今回の特典資料では言語を

・小学校低学年向け(文字大)

・中学生向け

・保護者向け(文字小)

の三段階に色分けし勿論、漢字全てにルビ付!

そしてなるべくグロくないポップなイラストを採用(低学年向け)。

しかし、まだまだ改良の余地がありそうなので2日間で、煮詰めます!そんなこんなでPC苦手でしたが、すこーし慣れてきました(笑)。

まだお席に余裕がありますので、

「おっっ?!」

と思った方、

「夏休みの自由研究忘れてたっっ」

て動機でもウェルカムです。

※資料の用意がありますので前日(8・21)の12:00 までにご連絡下さい。

WS早割申し込みの締め切り日です

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

本日、7/31は

夏休み親子企画「ピアノとわたしのカラダマッピング」(8/22開催)のお得な早割料金の締め切り日となっております。

前回のワークショップは保護者様向けでしたが、今回は身体と思考の関係を小学生のお子様にも伝わりやすいようにゲーム等も取り入れて体感してもらえるようにアレンジしています(勿論中学生にも対応します)。

お子様の成長や可能性を広げるサポートは日々見守っておられる保護者様しか出来ません。今回はその意図もあり、親子ワークショップとさせて頂きました。
お子様と同じ方向性を持つ事により、成長を加速させるきっかけとなるはずです。お子様の限られた時間を有効に使って頂きたいと願っています。

以下は前回のワークショップ参加者のご感想です。

やみくもに練習させれば良いわけではなく、ピアノの仕組みや身体や脳の使い方を知る事でピアノへの向き合い方が変わると感じました


他のお母様方のお話が聞けて良かったです。またワークショップやって欲しいです。


頭と脊椎の関係が身体全体のバランスを決定する、トップジョイントを緩める事によりピアノもスポーツも本来の力を発揮できると気付きました


腕や指がどこの骨からなるのか知る事が出来た。


子供に肯定的な声掛けを心掛けたいと思いました。


自分の気持ちを押し付けていた部分があるのかなと思いましたピアノだけではなく人として知識が深まるよい時間となりました

ご検討中の方は今日までのお申し込みをお勧め致します。(明日、8/1からは受講料金が変わりますのでご注意ください。)

夏休み親子企画

「ピアノとわたしのカラダマッピング」

こんにちは。「信頼される指導力を身につける!」ピアノ講師を応援する 山本玲です。

今日は

「なんで思うように弾けないのだろう?」

「練習はしているのに・・・」

と、お悩みのお子さまと日々お子さんをサポートする保護者の方向けのワークショップです。

「ひけない」「むずかしい」の必ず向き合わなければならない壁を乗り越える知識とヒントを知れば、もっと自由にピアノで自分を表現することが出来るようになります。

「楽しい」「おもしろい!」の声を聞きたい!保護者の方のご意見から企画されたワークショップです。

当教室への勧誘などは一切ございませんので、お気軽にご参加ください

ピアノを弾いている時に身体の中で何が起こっているのか?良かれと思ってやっているはずだったのに実は・・・という事が意外と多く、それが習慣になることで腕を痛めてしまう結果に繋がることもあります。

効率的な身体の動きを手に入れましょう!そして演奏以外にも軽やかに動ける思い通りの身体を手に入れましょう!