アレクサンダー・テクニークとは

アレクサンダー・テクニークは、100 年以上前にオーストラリアのフレデリック・マサイアス・アレクサンダー氏(1869-1955)が発見したテクニックです。当教室ではこの考え方とスキルを取り入れた演奏方法を探求し、提供しています。

フレデリック・マサイアス・アレクサンダー氏の発見とは

舞台俳優だったアレクサンダーは、舞台で声が出なくなってしまう経験をします。医師の診断では声を出さずにいれば元に戻るとの事でしたが、治ってもステージを繰り返す度に声は出なくなります。
そんな状況が続き、彼は自分自身で声を取り戻そうと、声を出すときに身体で何をしているのかを徹底的に観察し分析しました。

その結果、頭と脊椎の関係が身体全体のバランスを決定し、動きの質が変わるということを発見します。その後も彼は身体のメカニズムを解明していき、頭と脊椎の関係を改善することは声だけではなく、様々な心身の問題を解決が出来ると証明し発展させます。また思考が身体に影響を及ぼすとも伝えています。

身体の筋感覚を取り戻す

動物は皆、動きの中で生活をしています。静止しているように見えても微細な動きが常にある中で生きています。視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚といわれる五感のもう一つの感覚として、自己の筋感覚を上げていくことも重要です。この機能は習慣になってしまった筋肉(身体)の使い方で鈍感になっている場合もあります。筋感覚を上げていくことは自分自身の身体に何がおきているかを知ることになり、その都度その問題に対処したプランを立てることが可能になるのです

現在、アレクサンダーテクニークは世界各地に広まり、欧米では音楽大学、俳優養成所、病院等でも取り入れられるようになっています。